福岡 レストラン そうりの食卓
 
そうりの食卓 原利成 Toshinari Hara.
1965年 1965年 大分県中津市に生まれる。有名どころでは、福沢諭吉先生の生まれ育ったところである。もちろん自分とはまったくの無縁である。
1973年 1973年 義務教育の始まりである、ただ現在記憶に残るのは、低学年の頃トイレに行くのを辱められ我慢に我慢を重ね、説明するまでもないが、母親が下着を学校まで持ってくれたことを思い出す。
1979年 1979年 普通に横道に外れだす。まったく勉強した記憶がなく、気がつけば高校受験である、まず普通高は無理ですね、と担任に言われ、どうしても男女共学の公立校に行きたく、新品の教科書を引っ張り出し、周囲が心配するほど猛烈に勉学に励む。
1980年 1980年 奇跡的に無事合格。とにかく労働と遊びに忙しく学校に行く暇が見出せず、変わりに母親が学校通いとなる、アルバイトは順調に進むが、高校生活はイェローカードの連続で苦境に立たされる。いよいよ進路の選択である、どんなに世の中が変わろうとも、飯だけは、食べていけるだろうと、調理師の道を選ぶ。
1984年 1984年 立派な入学案内の大阪の調理師学校に即決定、ただし入学金以外は自活の為、住み込みアルバイトとして日々研鑽、知識より手、手より足と、次第に調理場の暴君となり、学校、職場ともに問題児となる。
1985年 1985年 無事、調理師免許を取得し卒業、何も深く考えず日本の首都を目指す。銀座のフランス料理店に入店、精神的にも技術面でも現在の自分の料理人としてベースになるものはこのお店からの始まりとなる。師匠の勧めでフランスへ。
1988年 1988年 渡仏。初めての海外である、事前に地球儀を見て日本のほぼ裏側で、公用語はフランス語、通貨はフラン、女性は美しい、との程度の知識で、無謀な人生のスタートとなる。心配するまもなく、周囲のフランス人にかわいがってもらえる。ボルドー郊外のリゾートホテルであるので、冬場はパリ、ブルゴーニュのレストランなどで研修といい聞かせ、のぞいて回る。ありがたく、一緒にやろうと誘われるがあまりに、世界の強豪の中では、自分を生かしきれないだろうと、ボルドーのホームに戻り日々励む。
1993年 1993年 料理長就任。多くのスタッフに支えられ数多くの事を学ぶ、次第に料理が楽しくもなり、苦しくもなり、フランスが自分を受け入れたように、分野にとらわれない、自分らしい料理をめざす。フランスの評論本“GAULT MILLAU”93・94年、20点満点中14点取得、“BOUTTIN GOURMAND”96年一つ星獲得。
1997年 1997年 帰国。フランスでの田舎生活にすっかり心身ともになじんでしまい、都会に行く気もせず、明太ロックで通った馴染みのある、福岡へ。何の当てもなく、求人誌頼りに就職活動、みんな簡単には雇ってもらえない・・・なぜだろう?なんとか職にありつけ、市内のホテル及びレストランの料理長を歴任
2000年 2000年 ニューヨークに拠点をもつ、天神のライブ&レストランの料理長に就任。音楽音痴には耐えられない日々が続くが環境への順応は抜群である、毎日が忙しくも、楽しい日々となる。世界のアーティストとの交流も自分の料理の糧となる。
2005年 2005年 家族の反感を買い、自宅を勝手に改装。ある日突然、春日市惣利に念願の「定食屋」をオープンさせる。その名も“そうりの食卓”。